妊娠と性病

妊娠したことが分かったときには、まず必ず、自分が現在性病にかかっているかどうか確認する必要があります。

というのも、性病の中には、そのまま放置しているとお腹の中にいる赤ちゃんを死の危険にさらすものがあるからです。

子宮やその周辺が性病に冒されているという状態は、菌が繁殖している環境で赤ちゃんを育てていることと同義になるわけです。

普通に考えて、抵抗力のほとんどない赤ちゃんが、そんな環境で大きく成長できるわけがありませんよね。

性病によっては、死産してしまったり、早産になってしまったり、無事に出産出来ても母子感染してしまったり、という可能性があるわけです。

まず、性病にかかっている状態で妊娠の可能性のあるセックスをしない、ということと、もし万が一性病にかかってしまった場合、早急に医師に相談する必要があるわけです。

妊娠したときに感染していると、赤ちゃんに危険が及ぶ可能性のある性病として代表的なものは、梅毒と性器ヘルペスです。

梅毒に感染したまま妊娠すると、胎盤を通して赤ちゃんに感染し、死産や早産を招く事もあるので抗ウィルス薬での治療が必要です。

たとえ出産で来たとしても、内臓や歯、皮膚、神経系などに支障をきたしたままで成長してしまうため、さまざまな弊害を引き起こすことになってしまいます。